· 

骨格矯正は練習量よりコツ


私が最初に学んだ手技がカイロプラクティックなんですが、

今は、このスキルを施術の前線にて重視はしてません。

昔は、ホントに練習したんですよ。

でも、最近は余り使わなくなったというか?

使う理由がなくなってしまったという感じですかね。

私は、現在施術時間を30分にしてます。

何れは、15分くらいに縮めてしまいたいくらいなんですが。

当然、このラインに行くにはそれなりの変化や満足度を与える必要性がある。

施術に長いも短いもないのですが、目的が明確で何をするかがクリアであれば。

変に、患者様やお客様の時間を拘束する必要もないって感じなんです。

 

きっと、一人のお客様をじっくり長くみたいってセラピストもいるでしょうし。

人数をたくさん見たいってセラピストもいるでしょう。

値上げのリスクや値下げのリスク。

お店としての怠慢や手抜き。

品質の低下などもありますが、

個人店舗のセラピストは隠れて名店化するべきだと思う。

 

それは、資格や雑誌やメディアで沢山取り上げられてる

スタイルを取り入れるってことじゃないですよ。

あなた自身の腕とその可能性を彩らせる事。

そこんとこを、どうやろうか?

を、少人数で集まってやっているのがメソッドの研究会。